SAPからBAPIを使ってデータを取得したい(SAP BC)

Avatar
dstn

SAPからBAPIを使ってデータを取得したい(SAP BC)

キーワード:SAP BC,BAPI,RFC

概要

SAPからBAPIを使ってデータを取得したい場合、SAP BCアダプタのインバウンド実行処理を使用します。
SAP BCアダプタのインバウンド実行処理を使用するためには、SAP Business Connector(以下、SAP BC)の設定が必要です。

サンプルプロジェクトの説明

SAPシステムに登録されている銀行情報を取得するBAPI(Bank.GetList)を実行し、取得したデータをXMLファイルに書き出します。

処理の流れ

サンプルプロジェクトの処理の流れは以下の通りです。
  1. XMLファイル読み取り処理」でインバウンド実行処理の入力スキーマとするXMLファイルを読み取ります。
  2. インバウンド実行処理」でSAPシステムのBAPIをSAP BC経由で実行します。
  3. XMLファイル書き込み処理」で取得したデータをXMLファイルに書き込みます。
実行結果のイメージについては、サンプルプロジェクトのサンプルデータ「bank_getlist_output.xml」を参照してください。

ポイントとなる機能

名前 説明 ツールパレット上の場所
インバウンド実行処理 SAPシステムのBAPIを含むRFC汎用モジュールまたはIDocをSAP Business Connector経由で実行します。 「アプリケーション」-「SAP BC」-「インバウンド実行」

処理のポイント

インバウンド実行処理の入力スキーマとするXMLテンプレートは、SAP Business Connectorから取得します。

サンプルプロジェクトの使用方法

上記処理を実装したサンプルプロジェクトを用意しています。サンプルプロジェクトを使用する場合の手順は、以下の通りです。

サンプルプロジェクトのダウンロード 逆引きリファレンス シナリオ075のサンプルプロジェクト
  1. サンプルプロジェクトの展開
    サンプルプロジェクト「rl_reference_075.zip」を展開します。

  2. プロジェクトのアップロード
    「rl_reference_075.zip」を展開後に作成される「rl_reference_075プロジェクト」ディレクトリがプロジェクトファイルとなります。
    DataSpider Studioを起動し、マイプロジェクトの画面から[ファイル]-[ローカルからアップロード]で展開したディレクトリ「rl_reference_075プロジェクト」をアップロードしてください。

  3. サンプルデータの準備
    「rl_reference_075.zip」を展開後に作成される「samples」ディレクトリがサンプルデータとなります。
    $DATASPIDER_HOME/server/samplesディレクトリに上書きしてください。

  4. RFCユーザの準備
    RFCユーザを接続先のSAPに登録します。
    一般的に、ユーザタイプが「通信」または「システム」のユーザを作成します。

  5. SAP BCの設定
    SAP BCアダプタでインバウンド処理を行うため、SAP BCの設定を行います。
    1. SAP BCの起動を確認し、SAP BCユーザを作成します。
    2. SAP BCからSAPシステムへの接続設定を行います。
    3. SAP BCアダプタの入力スキーマとするため、以下モジュールのXMLテンプレートを取得します。

      項目名
      Business Object Bank
      BAPI GetList

    4. 表示されたXMLテンプレートに以下のテスト値を入力し、テスト実行をします。

      要素名
      BankCtry JP
      MaxRows 10

    5. 実行結果が表示されたら、XMLテンプレートの<doc>要素から</doc>要素までをコピーし、以下のディレクトリにXMLファイル「bank_getlist_input.xml」として保存します。
      $DATASPIDER_HOME/server/samples/rl_reference_075
    「RFCユーザの準備」および「SAP BCの設定」の詳細については、DataSpider Servistaヘルプの「インバウンド処理チュートリアル」を参照してください。

  6. グローバルリソースの設定
    コントロールパネルのグローバルリソースの設定から、[新しいグローバルリソースの追加]を選択し、SAP BCのグローバルリソースを追加します。
    グローバルリソースの設定方法については、DataSpider Servistaヘルプの「グローバルリソースのプロパティ」を参照してください。

スクリプトの作成手順

プロセスフローおよびデータフローは、「 サンプルプロジェクトの説明」のスクリプト画像を参照して適宜設定してください。
  1. デザイナのツールパレット「ファイル」-「XML」-「XMLファイル読み取り」から、XMLファイル読み取り処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • XMLファイル読み取り処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ


  2. デザイナのツールパレット「アプリケーション」-「SAP BC」-「インバウンド実行」から、インバウンド実行処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • インバウンド実行処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ



      処理のポイント
      • [送信者]および[受信者]は、SAP BCで設定したルーティングルールと一致する必要があります。

  3. デザイナのツールパレット「ファイル」-「XML」-「XMLファイル書き込み」から、XMLファイル書き込み処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • XMLファイル書き込み処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ

      [書き込み設定]タブ


  4. スクリプトを実行し、正常終了すれば成功です。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk