メールを使用したデータ連携・ファイル連携

Avatar
dstn

Eメールは、連絡やコミュニケーションの手段としてはもちろん、業務データのファイル転送ツールとして使用されたり、システム的な通知として使われたりと、業務に欠かせないアイテムです。DataSpiderはメールアダプタGmailアダプタを使用して、メールの送受信を使用したデータ連携が可能です。

メールを受信し、添付ファイルを取り出してファイル連携処理したり、処理した内容をメール送付するなど多彩な連携処理を作成することができます。


レシピ:動的にメール送信先や送信内容を切り替える

メールを送信する際に、あるデータの内容から送信先や内容を切り替えて送信したい、という要件はさまざまなシチュエーションで発生します。

メールの宛先・件名・本文などにスクリプト変数を使用して送信したい」では、そのようなことをシンプルに行うために、一通メール送信処理と変数Mapperを使って実現するサンプルを紹介しています。

このデータの元となるのはデータベースであったり、Excelファイルであったり、クラウドシステムであったりさまざまなものが考えられます。DataSpiderを使えば、さまざまなでデータソースのデータを利用してメールを送信する処理が簡単に作成可能です。


レシピ:添付ファイルを利用したファイル連携

メールの添付ファイルは、ファイル共有の手段として頻繁に利用されています。例えば営業の各拠点から、その日の営業成績を記録したExcelファイルをメールに添付して本文に送信する、などはよく見られる業務フローです。

メールに添付されたファイルの拡張子にしたがって保存するディレクトリを振り分けたい」は、メールの添付ファイルをファイル連携するテクニックを紹介しています。

受信したメールを元に、添付ファイルの拡張子を元にファイルを振り分けています。

このようなメールの添付ファイルを使用したファイル連携処理を、プロトコルやクライアントの種別を意識することなく、処理にフォーカスして作成できます。

ファイルはその後、例えばクラウドサービスにアップロードしたり、FTPで転送したりと柔軟な連携処理を作ることができます。


その他のレシピ

メールを使用したデータ連携・ファイル連携に関する記事として以下のものが公開されています。

 

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk