データベースを更新して、更新結果を返す処理をSOAPのWebサービスとして公開したい

Avatar
dstn

データベースを更新して、更新結果を返す処理をSOAPのWebサービスとして公開したい

キーワード:Webサービス,Webアプリケーション,Webサービストリガー,SOAP,データベース

概要

データベース更新処理をSOAPのWebサービスとして公開したい場合、Webサービストリガーを使用します。

サンプルプロジェクトの説明

SOAPクライアントから受け取った値を、データベースに書き込みます。
実行結果を戻り値としてSOAPクライアントに返します。
本スクリプトは逆引きリファレンス「 SOAPでデータベース更新のWebサービスを実行し、更新結果によって処理を分岐したい」よりWebサービスとして呼び出されます。

処理の流れ

サンプルプロジェクトの処理の流れは以下の通りです。
  1. 例外監視処理」で例外を監視します。
  2. テーブル書き込み処理」でSOAPクライアントから受け取った値をデータベースに書き込みます。
  3. 変数代入処理」でスクリプト変数に実行結果を代入します。
実行結果のイメージについて

ポイントとなる機能

名前 説明
Webサービストリガー Webサービストリガーは、指定したURLに対しWebサービスによるリクエストを送ることで、スクリプトを実行するトリガー機能です。

処理のポイント

SOAPクライアントからWebサービストリガーで値を受け取る場合、スクリプト入力変数を使用します。
SOAPクライアントへWebサービストリガーから値を返す場合、スクリプト出力変数を使用します。
実行結果をSOAPクライアントへ返すため、エラーを監視し、スクリプト出力変数に実行結果となる値を設定します。

サンプルプロジェクトの使用方法

上記処理を実装したサンプルプロジェクトを用意しています。サンプルプロジェクトを使用する場合の手順は、以下の通りです。

サンプルプロジェクトのダウンロード 逆引きリファレンス シナリオ049のサンプルプロジェクト
  1. サンプルプロジェクトの展開
    サンプルプロジェクトファイル「rl_reference_049.zip」を展開します。

  2. プロジェクトのアップロード
    「rl_reference_049.zip」を展開後に作成される「rl_reference_049プロジェクト」ディレクトリがプロジェクトファイルとなります。
    DataSpider Studioを起動し、マイプロジェクトの画面から[ファイル]-[ローカルからアップロード]で展開したディレクトリ「rl_reference_049プロジェクト」をアップロードしてください。

  3. グローバルリソースの設定
    コントロールパネルの[グローバルリソースの設定]から、[新しいグローバルリソースの追加]を選択し、SQL Serverのグローバルリソースを追加します。
    グローバルリソースの設定方法については、DataSpider Servistaヘルプの「グローバルリソースのプロパティ」を参照してください。

  4. プロジェクトをサービスとして登録
    スクリプトをWebサービストリガーより実行するため、プロジェクトをサービスとして登録します。
    デザイナの[ファイル]-[プロジェクトをサービスとして登録]を選択して登録します。
    サービス名は、「root@rl_reference_049プロジェクト」を設定します。

  5. Webサービストリガーの設定
    マイトリガーの画面から[ファイル]-[新規トリガー作成]を選択し、Webサービストリガーを追加します。
    Webサービストリガーの詳細については、DataSpider Servistaヘルプの「Webサービストリガー」を参照してください。
    Webサービストリガーの設定は、以下のように行います。

    [Webサービストリガーの設定]

    [実行内容の設定]



    処理のポイント
    • SOAPクライアントからWebサービストリガーへ値を渡す場合の要素名は[スクリプト引数]に設定された変数名と同名を使用してください。
    • SOAPクライアントでWebサービストリガーから値を受け取る場合の要素名は[スクリプト出力]に設定された変数名と同名を使用してください。

スクリプトの作成手順

プロセスフローおよびデータフローは、「 サンプルプロジェクトの説明」のスクリプト画像を参照して適宜設定してください。
  1. Webサービストリガーの入出力変数として使用するスクリプト変数を作成します。
    • スクリプト変数のプロパティは、以下のように設定します。

      スクリプト変数のプロパティ

      変数名 変数型 初期値 スクリプト入力変数として使用する スクリプト出力変数として使用する
      id 文字列型   チェックを入れる チェックを外す
      name 文字列型   チェックを入れる チェックを外す
      price 整数型   チェックを入れる チェックを外す
      status 整数型   チェックを外す チェックを入れる
      message 文字列型   チェックを外す チェックを入れる

  2. デザイナのツールパレット「変換」-「基本」-「マッピング」から、マッピング処理をスクリプトキャンバスに配置します。

  3. デザイナのツールパレット「データベース」-「SQL Server」-「テーブル書き込み」から、テーブル書き込み処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • テーブル書き込み処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ


  4. マッピング処理のMapperエディタを開き、スクリプト入力変数の値をテーブル書き込み処理の入力スキーマにマッピングする処理を作成します。
    • マッピングキャンバスは、以下のように設定します。

      マッピングキャンバス



  5. デザイナのツールパレット「基本」-「フロー」-「例外監視」から、例外監視処理をスクリプトキャンバスに配置します。

  6. デザイナのツールパレット「基本」-「処理」-「変数代入」から、変数代入処理(「variable」)をスクリプトキャンバスに配置します。

  7. 変数代入処理(「variable」)のMapperエディタを開き、実行結果をスクリプト変数に代入する処理を作成します。
    • マッピングキャンバスは、以下のように設定します。

      マッピングキャンバス



      番号 ロジック名 説明 ツールパレット上の場所
      (1) 数値定数 数値定数を出力します。
      [必須設定]タブの[数値]には「10」と入力します。
      「数値」-「基本」-「数値定数」

      処理のポイント
      • データベースへの書き込みでエラーが発生した場合の実行結果を代入します。
      • 本シナリオでは以下の値をエラー発生時の実行結果とします。

        status 10
        message コンポーネント変数「error_message」の値

  8. デザイナのツールパレット「基本」-「処理」-「変数代入」から、変数代入処理(「variable(1)」)をスクリプトキャンバスに配置します。

  9. 変数代入処理(「variable(1)」)のMapperエディタを開き、実行結果をスクリプト変数に代入する処理を作成します。
    • マッピングキャンバスは、以下のように設定します。

      マッピングキャンバス



      番号 ロジック名 説明 ツールパレット上の場所
      (1) 数値定数 数値定数を出力します。
      [必須設定]タブの[数値]には「0」と入力します。
      「数値」-「基本」-「数値定数」
      (2) 単一行文字列定数 単一行文字列定数を出力します。
      [必須設定]タブの[一行文字列]には「SUCCESS」と入力します。
      「文字列」-「基本」-「単一行文字列定数」

      処理のポイント
      • データベースへの書き込みが成功した場合の実行結果を代入します。
      • 本シナリオでは以下の値を正常終了時の実行結果とします。

        status 0
        message SUCCESS

  10. スクリプトを実行し、正常終了すれば成功です。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk