出力するファイルのエンコードを変更したい

Avatar
dstn

出力するファイルのエンコードを変更したい

キーワード:エンコード,CSV,文字コード

概要

異なるOS間で連携したい場合など、出力ファイルのエンコードを変更したい場合、CSVファイル書き込み処理の [エンコード]を設定します。

サンプルプロジェクトの説明

エンコードが「Windows-31J」のファイルを読み取り、エンコードを「UTF-8」・改行コードを「LF」に変換して出力します。

処理の流れ

サンプルプロジェクトの処理の流れは以下の通りです。
  1. CSVファイル読み取り処理」でCSVファイルを読み取ります。
  2. CSVファイル書き込み処理」でCSVファイルに書き込みます。
実行結果のイメージについては、サンプルプロジェクトのサンプルデータ「output.csv」を参照してください。

ポイントとなる機能

名前 説明 ツールパレット上の場所
CSVファイル書き込み処理 入力データをCSV(Comma Separated Value)形式、TSV(Tab Separated Values)形式などの形式のファイルに書き込みます。 「ファイル」-「CSV」-「CSVファイル書き込み」

処理のポイント

CSVファイル書き込み処理で、 [エンコード]および [改行コード]を設定します。
入力ファイルと異なるエンコードおよび改行コードを設定することが可能です。

サンプルプロジェクトの使用方法

上記処理を実装したサンプルプロジェクトを用意しています。サンプルプロジェクトを使用する場合の手順は、以下の通りです。

サンプルプロジェクトのダウンロード 逆引きリファレンス シナリオ064のサンプルプロジェクト
  1. サンプルプロジェクトの展開
    サンプルプロジェクトファイル「rl_reference_064.zip」を展開します。

  2. プロジェクトのアップロード
    「rl_reference_064.zip」を展開後に作成される「rl_reference_064プロジェクト」ディレクトリがプロジェクトファイルとなります。
    DataSpider Studioを起動し、マイプロジェクトの画面から[ファイル]-[ローカルからアップロード]で展開したディレクトリ「rl_reference_064プロジェクト」をアップロードしてください。

  3. サンプルデータの準備
    「rl_reference_064.zip」を展開後に作成される「samples」ディレクトリがサンプルデータとなります。
    $DATASPIDER_HOME/server/samplesディレクトリに上書きしてください。

スクリプトの作成手順

プロセスフローおよびデータフローは、「 サンプルプロジェクトの説明」のスクリプト画像を参照して適宜設定してください。
  1. デザイナのツールパレット「ファイル」-「CSV」-「CSVファイル読み取り」から、CSVファイル読み取り処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • CSVファイル読み取り処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ

      [読み取り設定]タブ


  2. デザイナのツールパレット「ファイル」-「CSV」-「CSVファイル書き込み」から、CSVファイル書き込み処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • CSVファイル書き込み処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ

      [書き込み設定]タブ



      処理のポイント
      • [エンコード]は選択リストのほかに任意のエンコードを設定可能です。
      • [改行コード]で改行コードを指定します。
        「AUTO」を選択した場合、DataSpiderServer稼働OSによって改行コードが異なります。
        [エンコード]および[改行コード]の詳細については、DataSpider Servistaヘルプの「CSVファイル書き込み処理」を参照してください。

  3. スクリプトを実行し、正常終了すれば成功です。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk