メインフレームに登録されているデータを取得したい

Avatar
dstn

メインフレームに登録されているデータを取得したい

キーワード:メインフレーム,汎用機,マクロ

概要

メインフレームに登録されているデータを取得したい場合、メインフレームアダプタを使用します。

サンプルプロジェクトの説明

メインフレームに登録されている企業情報一覧を取得するDataSpiderメインフレーム接続サーバのマクロを実行し、ファイルに出力します。
本サンプルで使用するDataSpiderメインフレーム接続サーバのマクロの作成方法については、「メインフレームアダプタ ユーザガイド」の「7.1. Xurasインテグレータの設定」項を参照してください。

処理の流れ

サンプルプロジェクトの処理の流れは以下の通りです。
  1. マクロ実行処理」でメインフレームに接続するマクロを実行します。
  2. マクロ実行処理」でメインフレームから企業情報一覧を取得するマクロを実行します。
  3. CSVファイル書き込み処理」で企業情報一覧をファイルに書き込みます。
  4. マクロ実行処理」でメインフレームへの接続を切断するマクロを実行します。
実行結果のイメージについては、サンプルプロジェクトのサンプルデータ「output.csv」を参照してください。

ポイントとなる機能

名前 説明 ツールパレット上の場所
マクロ実行処理 DataSpiderメインフレーム接続サーバのプロジェクトにて定義されているマクロを実行します。 「アプリケーション」-「メインフレーム」-「マクロ実行」

処理のポイント

DataSpiderメインフレーム接続サーバはエミュレータでのメインフレームアプリケーションの画面遷移をマクロとして記録します。
マクロ実行処理でDataSpiderメインフレーム接続サーバに登録されたマクロを実行することで、メインフレームの操作を行います。
DataSpiderメインフレーム接続サーバにはメインフレームアプリケーションの画面遷移をシミュレートするXurasシミュレータが含まれており、メインフレームに接続できない環境でも開発が可能です。

サンプルプロジェクトの使用方法

上記処理を実装したサンプルプロジェクトを用意しています。サンプルプロジェクトを使用する場合の手順は、以下の通りです。

サンプルプロジェクトのダウンロード 逆引きリファレンス シナリオ080のサンプルプロジェクト
  1. DataSpiderメインフレーム接続サーバの設定
    「メインフレームアダプタ ユーザガイド」の「7.1. Xurasインテグレータの設定」項までの手順を参考に、DataSpiderメインフレーム接続サーバの設定を行ってください。

  2. サンプルプロジェクトの展開
    サンプルプロジェクトファイル「rl_reference_080.zip」を展開します。

  3. プロジェクトのアップロード
    「rl_reference_080.zip」を展開後に作成される「rl_reference_080プロジェクト」ディレクトリがプロジェクトファイルとなります。
    DataSpider Studioを起動し、マイプロジェクトの画面から[ファイル]-[ローカルからアップロード]で展開したディレクトリ「rl_reference_080プロジェクト」をアップロードしてください。

  4. サンプルデータの準備
    「rl_reference_080.zip」を展開後に作成される「samples」ディレクトリがサンプルデータとなります。
    $DATASPIDER_HOME/server/samplesディレクトリに上書きしてください。

  5. グローバルリソースの設定
    コントロールパネルの[グローバルリソースの設定]から、[新しいグローバルリソースの追加]を選択し、メインフレーム接続設定のグローバルリソースを追加します。
    グローバルリソースの設定方法については、DataSpider Servistaヘルプの「グローバルリソースのプロパティ」を参照してください。

スクリプトの作成手順

プロセスフローおよびデータフローは、「 サンプルプロジェクトの説明」のスクリプト画像を参照して適宜設定してください。
  1. デザイナのツールパレット「アプリケーション」-「メインフレーム」-「マクロ実行」から、マクロ実行処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • マクロ実行処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ


  2. デザイナのツールパレット「アプリケーション」-「メインフレーム」-「マクロ実行」から、マクロ実行処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • マクロ実行処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ


  3. デザイナのツールパレット「変換」-「基本」-「マッピング」から、マッピング処理をスクリプトキャンバスに配置します。

  4. デザイナのツールパレット「ファイル」-「CSV」-「CSVファイル書き込み」から、CSVファイル書き込み処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • CSVファイル書き込み処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ

      [書き込み設定]タブ


  5. マッピング処理のMapperエディタを開き、メインフレームから取得した企業情報一覧をCSVファイル書き込み処理の入力スキーマにマッピングする処理を作成します。
    • マッピングキャンバスは、以下のように設定します。

      マッピングキャンバス



      番号 ロジック名 説明 ツールパレット上の場所
      (1) 単純な繰り返し 指定したノードを繰り返します。 「繰り返し」-「基本」-「単純な繰り返し」

      処理のポイント
      • マクロ実行処理のスキーマはマクロの情報から自動で設定されます。
        マクロ実行処理のスキーマの詳細については、マクロ実行処理を参照してください。

  6. デザイナのツールパレット「アプリケーション」-「メインフレーム」-「マクロ実行」から、マクロ実行処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • マクロ実行処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ


  7. スクリプトを実行し、正常終了すれば成功です。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk