バージョンアップや環境移行の際に、初回のサービス起動時にはトリガーを無効にして、スクリプトの動作確認をしてからトリガーを有効にしたいと考えています

Avatar
dstn

Question

バージョンアップや環境移行の際に、初回のサービス起動時にはトリガーを
無効にして、スクリプトの動作確認をしてからトリガーを有効にしたいと考えています。

移行の際にトリガーを無効にしておく方法はありますか。

 

Answer

■仕様説明

トリガーを無効にして DataSpiderServer を起動する方法や、
DataSpiderServer を停止している状態でトリガーを無効にすることは
できません。

バージョンアップ、または、移行する前の環境でトリガーを無効にしてから、
バージョンアップや移行作業を実施してください。

トリガーを一括で無効にする方法は以下を参照してください。

■CLI Console による無効化

CLI Console の以下のコマンドを管理者ユーザで実行することで、
全トリガーを一括で無効化することができます。

trigger --all-disable

■無効前のトリガーの状態確認

管理者ユーザで「trigger」コマンドをオプション無しで実行すれば、
全トリガーの有効/無効の状態を確認することができます。

また、上記コマンドをCLIバッチから実行し、
ファイルにリダイレクトすることで、無効化する前に
どのトリガーが有効であったか確認することができます。

CLIバッチの結果をファイルにリダイレクトする方法については、
参考情報の Q189 をご参照ください。

参考情報

・ CLI Console
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/cli/cli.html
・ Q189
 https://appresso.my.salesforce.com/articles/ja/Faq/DssFaq00189



[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q296

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk