DataSpiderServer.laxのメモリ割り当て値(ヒープサイズ)を変更したところ、以下のエラーメッセージが表示されてDataSpiderServerの起動に失敗しました

Avatar
dstn

Question

DataSpiderServer.laxのメモリ割り当て値(ヒープサイズ)を変更したところ、以下のエラーメッセージが表示されてDataSpiderServerの起動に失敗しました。原因と対応方法を教えてください。
Error occurred during initialization of VM
Could not reserve enough space for object heap
Could not create the Java virtual machine.

Answer

■原因

DataSpiderServer.laxに設定したメモリ割り当て値(ヒープサイズ)が確保できない場合に
発生するエラーです。
メモリ割り当て値(ヒープサイズ)に関しましては、参考情報をご確認ください。

■注意点

ご利用の DataSpiderServer の bit数の違いによって、設定できるメモリ割り当て値(ヒープサイズ)が異なります。

・32bitの場合
 設定できるメモリ割り当て値(ヒープサイズ)の仕様上の上限は 2 GBです。
 ただし、プロセスに対して割り当て可能なメモリは、OS により制御されています。
 このため、実際に指定できる値は1.0 ~ 1.6GBとなります。

・64bitの場合
 設定できるメモリ割り当て値(ヒープサイズ)に仕様上の上限はありません。
 実際の物理メモリの最大値まで設定が可能ですが、OS や他アプリケーションでもメモリを
 使用するため、実際の環境て使用可能なメモリ容量をご確認ください。

 ※32bit、64bitのどちらの場合でも、設定できる最大値は環境(メモリ容量やOSの設定)により異なります。
 充分な検証を行い、運用上確保できる値を設定してください。
 

参考情報

・プロパティリファレンス
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/servista/properties_reference.html​



[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q185

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk