プロジェクト、マイログ、スクリプト実行用XMLファイルなどでファイルをダウンロードするためにファイルチューザを表示すると、DataSpider Studio が停止することがあります

Avatar
dstn

Question

プロジェクト、マイログ、スクリプト実行用XMLファイルなどでファイルをダウンロードするためにファイルチューザを表示すると、DataSpider Studio が停止することがあります。対応方法を教えてください。

Answer

過去事例より、使用したインストーラ、OS の dll ファイル、デスクトップ上の
ショートカットのうち、いずれかが原因となっている可能性がありました。
詳細につきまして、以下よりご確認をお願いします。

■使用したインストーラ

バージョン 2.4 では、クライアントは x64 版インストーラを使用して、x64 環境に
クライアントをインストールした場合に、ファイルチューザで DataSpider Studio が
ダウンした例が報告されています。

・対応方法
 x64 をアンインストールした後、x86 版インストーラを使用してインストールしてください。

・補足
 ・バージョン 2.4 のクライアントを Windows 7、Windows Server 2008 R2 の x64 環境に
  インストールする場合、x86 版のみをサポート対象としております。
  (サポートプラットフォームについては、各バージョンの README をご参照ください)

 ・使用したインストールが x86 かどうかを確認する場合には、DataSpider Servistaの
  ホームディレクトリにあるインストールログをご確認ください。
  「os.arch」に「x86」と出力されている場合、x86 版インストーラでインストールされています。

■特定の dll ファイル

環境依存により発生する問題として、Windows のライブラリ(kernelbase.dll)で
エラーが発生して DataSpider Studio が停止していた例が報告されています。

・対応方法
 XP互換モードで DataSpider Studio を実行してください。

 XP互換モードでアプリケーションを実行した場合、問題が発生しているライブラリ
 (kernelbase.dll)を使用しないため、エラーを回避することができます。

・補足
 ・kernelbase.dll でエラーが発生しているかどうかは、以下のファイルから確認してください。

  $DATASPIDER_HOME/server/bin/hs_err_pid$プロセスID.log
  ※$プロセスIDには、OSのプロセスIDがセットされます。複数桁の半角数字です。

  上記ファイルの Stack 以下に、「KERNELBASE.dll」が含まれている場合、
  上記件に該当いたします。
  一例として、以下のようなログとなります。

Stack: [0x,0x), sp=0x, free space=k
Native frames: (J=compiled Java code, j=interpreted, Vv=VM code, C=native code)
C [KERNELBASE.dll+0x b]
(以下略)

 ※、には環境により異なる半角英数字がセットされます。

■OS のデスクトップ上のショートカット

2.4 以前のバージョンを使用していて、OS のデスクトップ下に OS のデスクトップへの
ショートカットが存在する場合に、ファイルチューザが再帰的に読み込むため、
操作を受け付けなくなる例が報告されています。

・対応方法
 OS のデスクトップ下にデスクトップへのショートカットが存在する場合、デスクトップへの
 ショートカットを削除してください。

参考情報





[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q177

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk