DataSpider Servista 2.1.1 の環境を、最新バージョンにアップグレードした後、デザイナから 2.1.1 で作成していたスクリプトのバージョンを戻そうとしたところ、更新日時が 1970/01/01 09:00:00 になっていました

Avatar
dstn

Question

DataSpider Servista 2.1.1 の環境を、最新バージョンにアップグレードした後、デザイナから 2.1.1 で作成していたスクリプトのバージョンを戻そうとしたところ、更新日時が 1970/01/01 09:00:00 になっていました。原因を教えてください。

Answer

DataSpider Servista 2.1.1 と DataSpider Servista 2.3.x 以降では、
スクリプトの履歴のデータの保持方法が異なります。

上記が原因となり、2.1.1 で保存された更新日時を最新バージョンで確認した場合、
スクリプトの復元で表示される日付が「1970/01/01」になっております。

なお、上記はスクリプトのみに影響します。プロジェクトの更新日付は、2.1.1 で
作成・更新したものでも参照することが可能です。

参考情報




[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q141

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk