CSVアダプタの読み取り・書き込み処理に関する、レコード長、レコード数、レコード内のカラム数の仕様を教えてください

Avatar
dstn

Question

CSVアダプタの読み取り・書き込み処理に関する、レコード長、レコード数、レコード内のカラム数の仕様を教えてください。

Answer

CSVアダプタの読み取り・書き込み処理に関する、レコード長、レコード数、レコード内のカラム数の
仕様は、以下のようになっています。

・1レコード長の上限
 2,147,483,647バイト

・レコード数の上限
 2,147,483,647レコード

・1レコード内のカラム数の上限
 2,147,483,647カラム

※ 2,147,483,647はJavaのint型の最大値になります。

■補足

DataSpider Servista 3.0 より前のバージョンでは、読み取り処理で大容量データ処理を
有効にした場合、読み取るデータに65536バイト以上の長さのカラムが含まれていると、
エラーが発生します。

DataSpider Servista 3.0 より前のバージョンをお使いで、上記の条件に該当する場合は、
バージョン 3.0 以降にアップグレードしてください。

 

 


 

参考情報

読み取り処理で65536バイト以上の長さのカラムが含まれている場合に、
エラーが 発生する問題に関しては、以下の課題で対応しております。

DSS-7869
・CSVファイル読み取り処理で、読み取りを行うデータの1カラムのデータ長が 65536
 バイト以上の場合、大容量データ処理を行うことができない問題を修正しました。



[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q099

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk