CSV アダプタでファイルを読み取ろうとしていますが、想定している項目数と異なる項目数のファイルが存在する可能性があります

Avatar
dstn

Question

CSV アダプタでファイルを読み取ろうとしていますが、想定している項目数と異なる項目数のファイルが存在する可能性があります。
動作を確認したところ、設定と実際のファイルで項目数が異なる場合でも設定した項目の分だけ読み取って正常終了しました。
この場合(設定と実際のファイルで項目数が異なる場合)にエラーにする処理は可能でしょうか。
 

Answer

指定文字より後ロジックと繰り返し(条件指定)を組み合わせることで
項目数のカウントができます。

■前提

文字列型のスクリプト入力変数を設定し、こちらに入力データが
代入されていることを前提とします。

■設定方法

1. 繰り返し(条件指定)の設定
 スクリプト入力変数の値が空文字と等しくない、という条件で、
 繰り返し(条件指定)を設定してください。
ユーザが追加した画像

2. 指定文字より後ロジックの設定
 スクリプト入力変数に指定文字より後ロジックを設定して、
 区切り文字より後の文字列を取り出して、スクリプト入力変数に
 マッピングしてください。
ユーザが追加した画像

1. で設定した繰り返し(条件指定)で、2. の文字列の取り出しを
スクリプト入力変数の値が空になるまで繰り返すことで、
項目数をカウントすることができます。

 上記を設定したスクリプト仕様書に関しては、「参考情報」より
 ご参照ください。

■その他の方法

可変長ファイル読み取り処理では、設定した構造定義で読み取れないファイルを
読み取った場合にはエラーとします。
可変長アダプタを使用できる場合には、可変長ファイル読み取り処理の使用を
ご検討ください。

機能や設定方法の詳細は、「参考情報」のリンクからご参照ください。

参考情報

・サンプルのスクリプト仕様書
 http://patch.appresso.com/DataSpider/SampleScript/faq/Q263/index.html
・繰り返し(条件指定)処理
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/adapter/basic/conditional_loop.html
・指定文字より後ロジック
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/mapper/document/logic/substringAfter.html

・可変長ファイル読み取り処理 
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/adapter/file/variablelength_get_data.html 
・可変長ウィザード 
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/adapter/file/variable_wizard.html 
 



[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q263

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk