コンポーネントプールとは何ですか?

Avatar
dstn

Question

コンポーネントプールとは何ですか?

Answer

■仕様説明 
▼コンポーネントプールとは 
 一度生成したコネクションをプール(溜める)し、必要となった際にコネクションを 
 再使用する仕組みです。 

▼コンポーネントプールが有効時にコネクションを新しく生成するタイミングについて 
 対象となるデータリソースに接続する際、使用できるプールがない場合に 
 コネクションを作成します。 
 ※新規接続時や、同じ接続先の複数のオペレーションを同時に実行した際に接続数が 
  不足した場合が該当します。 

▼プールしたコネクションの使用タイミングについて 
 対象となるデータリソースに接続する(コネクションを使用するオペレーションを行う)際 
 コネクションがプールされていればプールされたコネクションを使用します。 
 オペレーションが終了するとプールに戻します。 
 ※オペレーションとは、[更新系SQL実行]などの処理を指します。 

▼プールしたコネクションを破棄するタイミングについて 
 以下のタイミングで破棄します。 
 1.プールされたコネクションが、生存期間を過ぎた場合。 
  定期的な「コンポーネントプールGC」が実行されたタイミングで破棄します。 
   
 2.プールされたコネクションを使用する際のチェックで、既にコネクションが 
  閉じていた場合。 
   
 3.コネクションを使用したオペレーションが終了して、コネクションをプールに 
  戻す(追加する)際のチェックで、既にコネクションが閉じていた場合。 
   
  ※既にコネクションが閉じていた場合としては、過去事例では 
   ネットワークの切断やデータベース側によるタイムアウトがありました。 

※詳細はオンラインヘルプ「グローバルリソース」をご参照ください。 

参考情報

・グローバルリソース 
 http://patch.appresso.com/DataSpider/help/latest/doc/help/ja/servista/global_resource.html


[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q004

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk