Salesforce アダプタを使用して1948年から1951年の日付のデータを登録した場合に、日付が1日ずれることがあります

Avatar
dstn

Question

Salesforce アダプタを使用して1948年から1951年の日付のデータを登録した場合に、日付が1日ずれることがあります。原因と対応策を教えてください。

Answer

■仕様説明

1948 年から 1951 年に実施された夏時刻法により、該当期間の夏時間期間の日付で
更新した場合、日付が1日ずれます。

上記は Salesforce の API を使用した場合の仕様となります。

■対処方法

以下のいずれかの方法でご対応ください。

・[DSS30SP1_120220_03]の適用
 [DSS30SP1_120220_03]で追加している以下の機能を使用することで、該当する期間の
 のデータも、そのまま登録することができます。

 ・日本で 1948 年から 1951 年に実施された夏時刻法により、日付型項目(date)を
  当該夏時間期間の日付(UTC 日付)で更新した場合に日付が 1 日ずれますが、
  この夏時間を意識しないで(渡した日付を JST 日付として)更新する機能を追加
  しました。
 
 [DSS30SP1_120220_03]を適用して、上記機能をお使いください。

・ロジックによる日付の調整
 バージョンアップやパッチ適用が難しい場合には、ロジックを組み合わせて、
 夏時刻法の対象となるデータを検知して、日付を調整するような処理を作成して
 いただけますでしょうか。
 関連するロジックの情報を参考情報に記載いたします。

参考情報

・条件判定による出力の切り替えロジック
  http://patch.appresso.com/DataSpider/help/DSS31/doc/help/ja/mapper/document/logic/if.html
・年の取得ロジック
  http://patch.appresso.com/DataSpider/help/DSS31/doc/help/ja/mapper/document/logic/getYear.html
・月の取得ロジック
  http://patch.appresso.com/DataSpider/help/DSS31/doc/help/ja/mapper/document/logic/getMonth.html
・日の取得ロジック
  http://patch.appresso.com/DataSpider/help/DSS31/doc/help/ja/mapper/document/logic/getDate.html
・未満ロジック
  http://patch.appresso.com/DataSpider/help/DSS31/doc/help/ja/mapper/document/logic/little.html
・日を増減ロジック
  http://patch.appresso.com/DataSpider/help/DSS31/doc/help/ja/mapper/document/logic/calcDate.html




[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q179

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk