FTPアダプタの[更新]処理でパーミッションエラーが発生して書き込みを行えなかったのですが、スクリプト実行はエラーになりませんでした

Avatar
dstn

Question

FTPアダプタの[更新]処理でパーミッションエラーが発生して書き込みを行えなかったのですが、スクリプト実行はエラーになりませんでした。理由を教えてください。

Answer

FTPアダプタでは、更新処理を開始しファイル更新時にネットワーク障害を
除くエラーが発生した場合、ログレベル「WARN」でログにエラー内容を出力し、
以降の処理を継続します。
 
上記動作の理由としては、FTP更新処理は同時に複数のファイルをアップロード
可能であるため、転送に失敗したファイルが存在した時でも後続のファイル
転送を行うためです。
 
パーミッションエラー時にスクリプト実行自体をエラーにしたい場合、
エラーが発生したファイルの「status」属性には「NG」がセットされますので、
その値を条件分岐処理で判定させることにより、エラーハンドリングが
可能になります。

参考情報




[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q104

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk