DataSpiderServerを導入しているマシンにセキュリティソフトを導入した場合、注意点はありますでしょうか?

Avatar
dstn

Question

DataSpiderServerを導入しているマシンにセキュリティソフトを導入した場合、注意点はありますでしょうか?

Answer

■注意点

セキュリティソフトの導入により、
DataSpiderServerが使用するポートの通信が制限される場合には、通信エラーが発生する
可能性があります。

そのため、DataSpiderの通信に必要なポートについて、
通信を許可するよう設定してください。
DataSpiderの通信に必要なポートは、具体的に以下となります。

1. DataSpiderServer(サーバ)とDataSpider Studio(クライアント)間で使用しているポート
  DataSpiderは、サーバ、クライアント間で以下の2通りの通信をしています。
  設定のご確認をお願いします。

 (1)ログイン時の通信
   [コントロールパネル]-[DataSpiderServerの情報]の[ポート]タブから
   使用しているポートを確認することが可能です。

 (2)ログインした後に各種機能を使用するときの通信
  【設定ファイル】
   $DATASPIDER_HOME/server/conf/system.properties
   $DATASPIDER_HOME/client/conf/system.properties

  【設定キー】
   #java.rmi.server.hostname=host
   #ds.rmi.port=portNumber

 ※上記で指定したホスト名、ポートで送受信します。
   設定されていない場合、ポートをランダムで指定しますので、
   特定のポート以外の通信を遮断する場合には、必ず上記を設定してください。
 ※ クライアントからサーバへの通信は、server側で指定したポートに向かって送信します。
 ※ サーバからクライアントへの通信は、client側で指定したポートに向かって送信します。

 2. DataSpiderで接続している、他アプリケーション(RDB、notesなど)が使用しているポート
   詳細は、接続先のアプリケーションの設定をご確認ください。

また、DataSpider Servista のインストールディレクトリに、新規ディレクトリの作成が制限されている場合には
$DATASPIDER_HOME/server/logs/<実行日付>/を作成できないため、ログファイルは出力されません。

一般的に、ウィルス対策ソフトで以下が監視対象に設定されていなければ、DataSpider の運用は影響を受けません。
 ・DataSpider のインストールディレクトリ
 ・DataSpider のスクリプトで読み込みや書き込むファイル

 


[注意事項]
  • このFAQの内容は2017年3月時点のものです。内容は予告なく変更されることがありますので、ご注意ください。
  • 一部にDataSpider Servistaサポートサイトへのリンクを含むことがあります。サポートサイトにアクセスするには、DataSpiderのサポート契約が必要です。


ID:Q088

コメント

記事コメントは受け付けていません。

Powered by Zendesk