RESTアダプタを使ってcybozu.comへユーザーを追加する

Avatar
dstn

はじめに

cybozu.comはkintoneをはじめとするサイボウズさんが提供される様々なサービスが稼働するプラットフォームです。今回はこのcybozu.com上に各種APIを利用して、ユーザーを追加していきたいと思います。

利用するAPIはこちら

事前準備としてユーザ情報をCSV形式で用意します。(ファイルフォーマットはこちら

cybozu.comの管理画面から「ファイルへの書き出し」を利用してダウンロードするのが便利です。

処理の概要としては

  1. CSVファイルをcybozu.com上にアップロードしてfilekeyを取得します。
  2. 1で取得したfilekeyを利用してユーザインポートAPIをCallし、処理結果を取得するためのIDを取得します。
  3. 2で取得したIDを使って結果確認用APIをCallし、結果を取得します。

完成図

各種設定

処理の順番はAPIの仕様から以下の順番で実行していく必要があります。それでは順番に設定を確認していきます。各種設定にはcybozu.com APIのリクエストヘッダ、リクエストサンプル、レスポンスの内容を確認しながら所々の設定を行います。

  1. ファイルアップロードAPIの設定
    POSTメソッドが指定されているのでPOSTコンポーネントを利用します。
    • 必須設定タブ


    • リクエスト設定タブ


    • レスポンス設定タブ


    • ヘッダ設定タブ
      カスタムヘッダ「X-Cybozu-Authorization」にはBASE64でエンコードされた値を設定します。


    • ファイルアップロード処理のパラメータに値をセットするため、マッピング設定を行います。
      アップロードしたいファイルが格納されているパスを「単一行文字列設定」コンポーネントを利用して設定します。


  2. ユーザーインポートAPI
    今度の処理でもPOSTメソッドが指定されているのでPOSTコンポーネントを利用します。
    • 必須設定タブ


    • リクエスト設定タブ


    • レスポンス設定タブ


    • ヘッダ設定タブ


    • ファイルアップロード処理後に取得するfilekeyをユーザインポート処理で利用するため、マッピング設定を行います。


  3. 結果確認API
    GETメソッドが指定されているため、今度はGETコンポーネントを利用します。
    • 必須設定タブ


    • レスポンス設定タブ

      ※今回は設定結果をファイルとして取得していますが、データとして取得したい場合にはデータ出力先を「データ」に設定してください。

    • ヘッダ設定タブ


    • ユーザインポートAPIの結果を必須タブで設定したクエリパラメータ「${var}」に設定するため、マッピング設定をします。

以上で処理は完了になります。

最後に

今回はCSVファイルを自分で作成してからユーザー追加処理を作成しましたが、DataSpiderの様々なアダプタを利用することで、例えばデータベースやActive Directoryからデータを取得しCSVファイルを動的に作成することもできます!

その他、現在のkintoneアダプタの仕様では対応できないAPIであっても、RESTアダプタで実現が可能な場合もありますので、ぜひお試しください。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk