Mapperの使い方

Avatar
dstn

DataSpiderではデータの読み取り・書き込みのほかに、データの加工を行うことができます。

データの加工は「mapping」と呼ばれるアイコンで行います。

 

 ▲本日の主役 mappingアイコン

※キャンバス上では「mapping」表示、ツールパレットでは「マッピング」。オペレーション名は「ドキュメントmapper」。またあるときは「mapper/マッパー」と呼ばれることも。まるでどこぞのキューティーなハニー!!

 

mappingアイコン生成

そんなハニーの生成方法は3通りあります。

  • ダイアログでの自動生成
  • データフロー上で右クリック「マッピングの追加」
  • [ツールパレット] > [変換] > [基本] よりアイコンをドラッグ&ドロップ

 

 ▲書き込み系の処理で入力データを指定すると、完了時にダイアログが表示されます。これが自動生成のやり方です。

また、入力アイコンと出力アイコンがフローでつながれていない状態のとき、右クリックのドラッグ&ドロップでフローを作成してもダイアログは表示されます!

 ▲右クリックドラッグ&ドロップの図。「データフロー」を引こうとするとダイアログが表示されます。

 

mapping画面

 

mappingはキャンバス画面のmappingアイコンをダブルクリックすることで、設定を行うようになります。

mappingは別タブで開かれます。

 

 

mapping画面では入力元、出力先のデータ構造が両脇に表示され、線が引かれています。

素直に入力元から出力先まで結ばれているものもあれば、間にアイコンが挟まれているものもあります。

間にあるアイコンが「ロジックアイコン」という機能で、この機能を使ってデータの加工を行います。

ロジックアイコンは [ツールパレット] の中にカテゴリに分けられ格納されています。

 

mapping方法

 

例を使って説明します!

例:入力元「品名」スキーマのデータが全角だったとき、半角に変換して出力先の「品名」スキーマに出力する。

 

[ツールパレット]から、データの加工に必要なアイコンを選択し、下図のオレンジ枠のエリアにドラッグ&ドロップします。

 

 

アイコンによっては、貼り付けたアイコンをダブルクリックし、設定をします。

※単一行文字列定数を使う場合は、プロパティを開き設定が必要。

 

ロジックアイコンを貼り付けたら、入力元・出力先の設定をします。

 

データの加工を行いたい入力データのスキーマをドラッグ&ドロップし、アイコンと結びつけます。

この結びつける作業を「マッピングする」と言います。

 

次に、加工されたデータを出力する先を設定します。

その際は、アイコンをドラッグ&ドロップし、出力スキーマにマッピングします。

 

単純なデータのマッピングイメージの紹介は、以上です。

 

おわりに

 

ロジックアイコンは現在、約150種類あります。

そのアイコンを組み合わせることによって、柔軟なデータ加工を実現できます。

 

まさに、「(データが)変わるわよ♡」ですね。納得。

 

どんなアイコンがあるか把握しておくと、加工のロジックを組みやすくなります。

少し多めではありますが、ざざっと目を通してなんとなく覚えておいたら、画期的なロジックが爆誕するかも…!?

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk