kintoneアプリから取得した値を別のアプリの検索条件に利用する

Avatar
dstn

はじめに

kintone REST APIを使って、売上管理アプリから対象となるレコードのみを取得したいことがあると思います。

その場合、検索クエリには「in」演算子を利用してレコードを特定することで取得が可能です。

※その他のクエリ文字列についてはこちら

DataSpider kintoneアダプタにおいても、検索クエリの利用が可能ですので、早速作成してみたいと思います。

今回は、商品マスタを管理しているアプリから対象となるキーレコードを取得して「in」演算子に設定するという例を紹介します。

完成図

▼処理全体図

▼groupを展開したところ

各種設定について

  • 処理概要
    大きくは3つの処理で構成されています。今回の例では取得したデータの特定カラムの値を検索条件に設定しています。この加工が今回の処理のキーとなるところです。
    • 検索キーとなるデータの取得(ファイルに出力します。)
    • 検索条件データの生成(ファイル→ファイルで加工します。)
    • 加工されたデータを検索条件としたデータ取得(ファイル読取りから検索を実行します。)

  • 処理作成におけるいくつかのポイント

    • 検索クエリ作成時の条件
      取得した値の行列を変換し、かつ、変換したレコードをまとめて検索条件の値として渡す必要がありますので、以下のようなコンポーネントを組み合わせて実現しています。


    • 縦横の変換
      このコンポーネントを利用することでデータの行と列を入れ替えます。

      縦横変換については記事「便利な機能:テーブルコンバータ」で紹介しています。地味な機能ながら役に立つ処理なのでぜひ活用してみてください。

    • 検索キーの読取り
      取得した値はカンマ区切りで出力されているので、デリミタをカンマ以外に指定することでレコードの値をまとめて取得することができるようになります。今回は「タブ」にしました。


    • 検索クエリの設定
      取得した値を変数に格納しています。


      kintoneアダプタの検索クエリには上記の変数名を指定しています。


      特筆すべき設定は以上になります。

最後に

少しコンポーネントの利用が多くなったので、細かい処理はグループコンポーネントを利用してまとめてみました。こうすることで処理全体をすっきりと見せることができます。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk