ヘルプについて

Avatar
dstn

ヘルプについて


001

今日は、ヘルプについて、ご紹介しようと思います。

使い方がわからないコンポーネントを使用するときなど、まずヘルプをご覧になるかと思いますが、目的のページを効率よく表示させたいですよね。そんなヘルプの起動に関する機能のご紹介です。

ヘルプの起動は、デスクトップ上にあるヘルプアイコンから起動出来ます。しかし、ヘルプアイコンからヘルプを起動した場合は、トップページである「DataSpider Servista」ページが開きます。ここから目的のページを探すのは、少し面倒ではありますね。
そんな時は、F1キー押下からヘルプを起動するのが便利です。F1キー押下でも、ヘルプアイコンから起動したのと同じように、ヘルプが起動しますが、F1押下時の状態によって、開くページが異なります。

たとえば、ツールパレットの「待機」を選択している状態で、F1キーを押下すると、待機処理のページが開きます。
002

他にはスクリプトキャンバス上に配置したアイコンを選択した状態や、プロパティ設定ダイアログを表示させている状態でF1キーを押下しても、同様の動作となります。
このように、F1キー押下により目的のページを表示させることが出来ますので、トップページから探すより格段に早く見つけられます。
これらの機能はコンポーネントに限った話ではなく、たとえば「マイ トリガー」を表示させている時にF1キー押下などで、「マイトリガー」ページを表示させることが出来ますので、ヘルプを確認したい時などは積極的にF1キーを押下していただければと思います。

続いては、ヘルプ・コンテンツの同期についてご紹介します。
003

この機能は、ヘルプが起動している状態で、ツールパレットのコンポーネントの選択や、スクリプトキャンバス上に配置されたアイコンの選択などが行われた場合に、その選択されたコンポーネントのページを開いてくれるというものです。選択されたコンポーネントと自動で同期してくれるのでF1キーを押下しなくても済みます。こちらの機能はデフォルトで「ON」となっていますので、同期せず同じページを開いていたいという場合には「OFF」にしてください。

まとめ


不明点がある場合は、ヘルプを真っ先に見ると思いますが、そのヘルプを見るのに苦労したくはないですね。今回、紹介した方法でヘルプを参照していけば、そういった苦労を軽減できますので、是非ご活用ください。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk