オープンデータ 次世代統計利用システム編 #2 「地域メッシュ統計データ」を取得

Avatar
dstn

マーケティング企画部の渡辺です。

今回から、DataSpiderで「次世代統計利用システム」のオープンデータから、「地域メッシュ統計データ」を読みこんで活用する方法を紹介します。

まず今回は、データ一覧の読み込みと、そもそも「地域メッシュ」とは何かについて解説をします。

地域メッシュ統計データ

前回の記事に引き続いて、総務省統計局のデータが公開されている「次世代統計利用システム」から、「地域メッシュ統計データ」を読みこんでみます。 

前回の記事: 
政府提供の「統計情報」を取得
https://dstn.zendesk.com/hc/ja/articles/220350827

※「オープンデータ」とは何か、「次世代統計利用システム」とは何かについては、この記事を参照してください。 

「地域メッシュ」とは、緯度経度をもとにして日本全体を段階的に網の目(メッシュ)のように小さな地域に分けたものです。それぞれのメッシュには「地域メッシュコード」と呼ばれる固有のコードがついており、日本政府は地域メッシュを単位として様々なデータを集計しています。 

たとえば、東京都付近は「1次メッシュコード」(約80km×約80kmの一番荒いメッシュについているコード)で「5339」になります。 

アプレッソは、1kmメッシュ(3次メッシュ)では「5339-4558」にあり、500mメッシュ(1/2メッシュや4次メッシュともよばれる)では「5339-4558-2」にあります。 

そこで、例えばアプレッソ周辺について調べたければ、「5339-4558-2」のデータを調べることで、様々なことがわかります。 

※参考リンク:GoogleMap上で場所とメッシュコードの対応関係を調べられるウェブサイト
Geocode Viewer 
http://www.geosense.co.jp/map/tool/geoconverter.php?cmd=meshcode

提供されているデータ一覧を取得する

まず、「次世代統計利用システム」で提供されている、地域メッシュ統計データの一覧を取得し、どんなデータが提供されているかを確認してみましょう。 

※利用には利用登録を行って「アプリケーションID」を取得する必要があります。取得方法は 前回の記事を参照してください。 

まずはブラウザで直接提供データ一覧を取得してみましょう。以下のURLを開くとXMLで公開中のデータの一覧が取得できます。 

http://statdb.nstac.go.jp/api/1.0b/app/getStatsList?searchKind=2&appId=[取得したアプリケーションID]

XMLですが、目で見てもどんなデータがあるかは一応解りますね。

DataSpiderで読み込ませる(一覧データ)

では、データの一覧をDataSpiderで自動取得してみましょう。 

アダプタを一つ配置するだけで取得処理が作れます。 

[RESTアダプタでデータを取得する場合] 

●「ネットワーク→REST→GET実行」 のアダプタを配置して、以下のようなアイコン一つのスクリプトを作成する。

jisedaitoukeiSystem-2a-005 

●前回の記事でグローバルリソースを作成している場合は作成する必要はありません

アダプタのプロパティを開き、[接続先]から「追加」を選び、グローバルリソースの作成画面を表示し、以下のように設定する。 

→[URL]:http://statdb.nstac.go.jp/api/1.0b/app/getStatsList
jisedaitoukeiSystem-2a-007

[接続テスト]をクリックして、接続が成功することを確認してください。

設定が終わったら[完了]をクリックしてグローバルリソースを作成してください。


●以下のように他のプロパティを設定する。
→[クエリパラメータ]/[名前][値]:「appId」 と ユーザ登録で取得したアプリケーションID、「searchKind」と「2」
→[データ出力先]:ファイル、[ファイルパス]:/data/openDataList.xml
jisedaitoukeiSystem-2a-006

jisedaitoukeiSystem-2a-008



●「ネットワーク→Web→巡回(ファイル/パラメータ)」 のアダプタを配置して、以下のようなアイコン一つのスクリプトを作成する。
「searchKind」と「2」とすると、「次世代統計利用システム」で「地域メッシュ統計」に分類されている統計データの一覧を取得できます。
jisedaitoukeiSystem-2a-001

●前回の記事でグローバルリソースを作成している場合は作成する必要はありません
アダプタのプロパティを開き、[接続先]から「追加」を選び、グローバルリソースの作成画面を表示し、以下のように設定する。
→[プロトコル]:HTTP、[ホスト名]:statdb.nstac.go.jp、[ポート番号]:80
jisedaitoukeiSystem-2a-002

[接続テスト]をクリックして、接続が成功することを確認してください。
設定が終わったら[完了]をクリックしてグローバルリソースを作成してください。

●以下のように他のプロパティを設定する。
→[パス]:/api/1.0b/app/getStatsList、[エンコード]:UTF-8、[パラメータ]/[ヘッダ名][値]:appId と ユーザ登録で取得したアプリケーションID, 「searchKind」と「2」、[出力ファイル]:/data/openDataList.xml
jisedaitoukeiSystem-2a-003


以上にて、公開されているデータ一覧を読みこむ準備が出来ました。

●スクリプトを実行すると、[ファイルパス]で指定した先に、公開されているデータ一覧がxmlファイルで取得されます。

XMLの中身を表示すると、以下のようになっています。
jisedaitoukeiSystem-2a-004

どんなデータが提供されているか?

「地域メッシュ統計」カテゴリで公開されているデータは「地域メッシュ統計」と「国勢調査(小地域)」「事業所・企業統計調査(小地域)」の三種類のデータです(執筆時点)。 

地域メッシュ統計: 

「男女別人口総数及び世帯総数」と「全産業事業所数及び従業者総数」を、500mメッシュ(500メートル四方)や1kmメッシュで集計したものです。 

国勢調査(小地域): 

市区町村ごとの以下のようなデータが提供されています。 

  • 男女別人口総数及び世帯総数
  • 年齢別(5歳階級、4区分)、男女別人口
  • 世帯人員別一般世帯数
  • 世帯の家族類型別一般世帯数
  • 住宅の種類・所有の関係別一般世帯数
  • 住宅の建て方別世帯数
  • 産業別(大分類)・従業上の地位別就業者数
  • 職業別(大分類)就業者数
  • 世帯の経済構成別一般世帯数

事業所・企業統計調査(小地域):

市区町村ごとに以下のような法人に関するデータが集計されています。 

  • 産業別(大分類)・従業者規模別全事業所数及び男女別従業者数
  • 経営組織別・事業所の形態別民営事業所数及び従業者数

取得したいしたいデータを探す

今回は「地域メッシュ統計」から、アプレッソ周辺の情報を取ってみることにします。先ほど書いた通りアプレッソ本社の場所を地域メッシュコードで書くと次のようになります。

  • 1kmメッシュ(3次メッシュ)で「5339-4558」 
  • 500mメッシュ(4次メッシュ)で「5339-4558-2」 

データは「1次メッシュ」ごとにまとめて提供されています。1次メッシュの名前は先頭の4ケタの数字ですので、まずは「5339」のデータを一覧から探してみましょう。 

先ほど取得したXMLの一覧データを検索すると、以下が見つかります。

※1行に収まらなかったので、見やすくするため名前を短く編集しています 

  • 平成12年国勢調査(500Mメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339
  • 平成13年事業所・企業統計調査(500Mメッシュ):全産業事業所数及び従業者総数 M5339
  • 平成17年国勢調査(500Mメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339
  • 平成18年事業所・企業統計調査(500Mメッシュ):全産業事業所数及び従業者総数 M5339
  • 平成21年経済センサス(500Mメッシュ):全産業事業所数及び全産業従業者数 M5339
  • 平成22年国勢調査(500Mメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339
  • 平成12年国勢調査(1KMメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339
  • 平成13年事業所・企業統計調査(1KMメッシュ):全産業事業所数及び従業者総数 M5339
  • 平成17年国勢調査(1KMメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339
  • 平成18年事業所・企業統計調査(1KMメッシュ):全産業事業所数及び従業者総数 M5339
  • 平成21年経済センサス(1KMメッシュ):全産業事業所数及び全産業従業者数 M5339
  • 平成22年国勢調査(1KMメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339

このうち、今回は以下を読みこんでみることにしましょう。 

  • 平成21年経済センサス(500Mメッシュ):全産業事業所数及び全産業従業者数 M5339
  • 平成22年国勢調査-世界測地系(500Mメッシュ):男女別人口総数及び世帯総数 M5339

次の記事からは、この地域メッシュのデータを取得して、アプレッソ周辺がどういうところなのかを調べてみます。

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk