アクセスログの設定方法

Avatar
dstn

 

アクセスログの設定方法


DataSpider Servistaでは様々なログを出力する機能が存在しますが、その中の1つであるアクセスログについてご紹介します。

アクセスログとは、クライアントからDataSpiderServer にアクセスした処理のログを出力する機能です。

具体的には以下のような処理の実行時に出力します。

・DataSpiderServerへのログイン/ログアウト
・DataSpiderServer側に保存される設定の作成、変更、削除
・DataSpiderファイルシステム上でのファイルの読み込み、書き込み、削除
・DataSpiderファイルシステム上でのディレクトリの作成、削除
・DataSpiderServerの何らかの状態を変更する以下のような処理

この機能により、いつ、どのユーザがどのような操作によりDataSpiderServer へアクセスしたかをログから確認することが可能となります。

ただし、アクセスログを有効にするには、「dslog.properties」と「DataSpiderServer.lax」に設定が必要になります。

設定方法


設定方法は以下の通りです。

●「dslog.properties」の設定
dslog.properties の accesslog キーの値を変更します。

【対象ファイル】
$DATASPIDER_HOME/server/conf/dslog.properties

【対象キー】
accesslog

【変更内容】
変更前:accesslog=${ACCESSLOG_OFF}
変更後:accesslog=${ACCESSLOG_ALL}

●「DataSpiderServer.lax」の設定
DataSpiderServer.lax のlax.nl.java.option.additional キーにオプションを追加します。

【設定ファイル】
$DATASPIDER_HOME/server/bin/DataSpiderServer.lax

【対象キー】
lax.nl.java.option.additional

【追加オプション】
-javaagent:../system/common/lib/aspectjweaver.jar

【設定例】
lax.nl.java.option.additional=-javaagent:../system/common/lib/aspectjweaver.jar


以上の設定により、アクセスログが以下に出力されるようになります。
$DATASPIDER_HOME/server/logs/access.log

まとめ


・アクセスログとは、DataSpiderServer へのアクセスをログへ出力する機能である
・デフォルトでは無効になっているため、設定ファイルを変更し有効にする必要がある

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk