アプレッソ Advent Calendar 2015

Avatar
dstn


開発部の原田です。

12月といえばAdvent Calendarです!
昨年は、アプレッソのDataSpider開発チームが中心となり、 パッケージソフトウェア開発Advent Calendarを展開させていただきました。こちらに関しては、みなさまのご協力のおかげで、バラエティ豊かな記事が毎日投稿され、充実した内容になりました。
我々としても確かな手応え(?)を得たので、今年もAdvent Calendarを企画することになりました。

アプレッソ Advent Calendar 2015

今回はその紹介です。

Advent Calendarとは?


12月が近づくと、IT関連のブログやSNSで目にすることが多くなるAdvent Calendarですが、もともとはクリスマスに向けた日めくりカレンダーのことです。

アドベントカレンダー(wikipedia)

アドベントカレンダー(Advent calendar)は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。アドベントの期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになる。
但し毎年変化するアドベントの期間に関わらず、実際には12月1日から開始し24個の「窓」がある場合が多い。アドベントカレンダーは、窓を開くと写真やイラスト、詩や物語の一編、チョコレートなどのお菓子、小さなプレゼント等が入っていることが多い。宗教色の強いものもあれば、単に娯楽用のものもある。



このカレンダーを模倣して、この期間に日めくりでブログ記事をポストするのが、ネット上のAdvent Calendarです。
IT関連のテーマを中心としたAdvent Calendarを提供しているサービスは、 QiitaADVENTARがあります。
ブログの性質上、プログラミングに関係している内容を取り扱っているQiitaのAdvent Calendarは、プログラミング関連の技術とその周辺技術にフォーカスした内容となっています。
アプレッソはパッケージソフトウェアを開発している企業なので、昨年と同様にQiitaのAdvent Calendarにカレンダーを作成しました。

アプレッソ Advent Calendar 2015


我々が日々業務として取り組んでいる「パッケージソフトウェア開発」をテーマに選んだ昨年ですが、ふりかえってみると、要件定義・実装・テスト・サポートなどからチームビルディングの話まで、さまざまな視点からの記事がポストされました。
そして今年は、もっと自由に記事を書いてみたいと思い、思い切ってテーマを「アプレッソ」にしました。
せっかくの開発部の有志による活動ということで、各投稿者が業務内・業務外問わず興味ある技術についての記事をポストしていきます。

カレンダー

アプレッソ開発部のエンジニアはもちろん、関係する企業の有志の方々もいっしょに投稿者として盛り上げていきます。
12月1日からクリスマスまで毎日更新していきますので、よろしくお願い致します!

 

 

 

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk