Domino のファイルアップロードコントロールでアップロードしているファイルを取得する方法

Avatar
horse
今後の開発案件で、Web ユーザーがアップロードしているファイルを取得する要件があります。


埋め込み設計要素のファイルアップロードコントロールという機能を使用して添付しているとのことですが、
Lotus Notes アダプタで取得することができませんでした。


IBM の公開資料を確認したところ、Lotus Notes ではサポートしない、と明記されているため、
Lotus Notes アダプタで取得できないようで、手動でローカルにダウンロードしておいて
読み取らせる方法しかないのかな、と思っています。
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/domhelp/v8r0/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.designer.domino.main.doc%2FH_CREATING_A_FILE_UPLOAD_CONTROL_STEPS.html&lang=ja


もし他の方法をご存知の方がいましたら、やり方を教えていただきたいです。

この記事は役に立ちましたか?

0が役に立ったといっています

コメント

  • Avatar
    kirschbaum
    コメントアクション Permalink
    ファイルアップロードコントロールを使用とのことなので、ブラウザでノーツ文書の作成(ファイル添付)や、ノーツ文書の表示をしていると思います。


    ブラウザでノーツ文書の表示をしているのであれば、Webアダプタや、RESTアダプタで添付ファイルを取れそうな気がします。
    http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/domhelp/v8r0/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.designer.domino.main.doc%2FH_ABOUT_URL_COMMANDS_FOR_OPENING_IMAGE_FILES_ATTACHMENTS_AND_OLE_OBJECTS.html


    上記ページを元に試してみたところ、以下のようなURLで添付ファイルを取ることができました。
    http://ホスト名/nsfファイル名/ビューのユニバーサルID/ドキュメントのユニバーサルID/$File/添付ファイル名


    Notesアダプタと、WebアダプタやRESTアダプタを組み合わせると、ノーツ文書に紐ついた添付ファイルが取れそうです。


    1.Notes アダプタのビュー読み取り処理で文書を読み取る
    2.「1.」の結果からドキュメントのユニバーサルIDを取得しスクリプト変数に代入する
    3.「2.」のスクリプト変数を、WebアダプタやRESTアダプタのパスに指定する


    パスについて、添付ファイル名はNotes側のビューの設計で、「Attachment Names」を指定すると取れたので、この値をスクリプト変数に代入すれば良いと思います。
    ですが、ビューのユニバーサルIDは、Notesアダプタのビュー読み取り処理で取れなかったので、事前にNotesで確認しておく必要がありそうです。
    0

ログインしてコメントを残してください。