多様なクラウドサービスとの連携方法が用意されています。APIの差異を意識することなく、ノンプログラミングでクラウド連携システムを構築することが可能です。